Secondary School attached to the Faculty of Education, the University of Tokyo
東京大学教育学部附属中等教育学校

FAQ(よくある質問)

入学をご検討されている方のよくある質問は、入学についてのFAQもご覧ください。

入学検査について

Q1-1. 受検資格の「小学校」の意味する範囲はどのようなものですか?
Q1-2. 入学検査はどのようなものですか?
Q1-3. 推薦入試はどんな準備をすればよいのですか?
Q1-4. 推薦入試はどんな準備をすればよいのですか?
Q1-5. 推薦入試では小学校ごとに人数制限がありますか?
Q1-6. 一般選抜でも2段階選抜はありますか?

進路について

Q2-1. 東京大学へ優先的に入学することはできますか?
Q2-2. 卒業生はどのような進路に進みますか?

学校生活について

Q3-1. 双生児の生徒はどのぐらいいますか?
Q3-2. 学校の雰囲気を教えて下さい。
Q3-3. どんな授業がありますか?
Q3-4. 総合学習入門ではどんなことをやりますか?
Q3-5. 課題別学習とは何ですか?
Q3-6. 卒業研究とは何ですか?
Q3-7. 制服はありますか?
Q3-8. 後期課程から入学することはできますか?
Q3-9. 給食はありますか?

その他

Q4-1. 東大附属にはどんな施設がありますか?
Q4-2. 「中等教育学校」とは何ですか?
Q4-3. ふたごしか入れませんか?
Q4-4. 入学金や授業料はどのくらいかかりますか?
Q4-5. 東京大学とはどんな関わりがありますか?
Q4-6. 卒業したとき、どんな自分になっていますか?


Q1-1. 受検資格の「小学校」の意味する範囲はどのようなものですか?
学校教育法が示す「小学校」の卒業見込み児童のみ受検資格があります。インターナショナルスクール生に関しては、日本の小学校の在籍、卒業見込みがある場合のみ受検を認めています。
Q1-2. 入学検査はどのようなものですか?
従来の学力検査は行いません。しかし、総合的な知識や体験、実技などにかかわった適性検査、作文、実技を実施します。また、推薦による入学枠もあります。 詳しくは募集要項をご覧ください。
Q1-3. 推薦選抜の2段階選抜はどのような仕組みですか?
第1次選考はご提出いただいた、誓約書・志願理由書および報告書の4・5年生の評定により選抜を行います。合格者数は男女それぞれ約100名とします。

第2次選考は、第1次選考の合格者に対し適性検査、面接を行い、その結果と報告書、推薦書、誓約書・志願理由書により総合的に選抜を行います。合格者数男女それぞれ約15名とします。
Q1-4. 推薦入試はどんな準備をすればよいのですか?
適性検査、面接ともに小学校での学習にしっかり取り組み、さまざまな教科の内容を結びつけて、世の中で起きていることについて自分なりに考える習慣をつけておくことが必要です。また、自分の考えをまとめて文章にしたり、話したりすることができるようにしてください。これらは本校での学習生活を送る上で必要な力であると同時に、卒業して社会人になってからも、とても重要な力であると考えています。
Q1-5. 推薦入試では小学校ごとに人数制限がありますか?
ありません。本校を第一志望校としており、それぞれの小学校での様々な活動や学習に誠実に取り組み、教科の学習に十分な成果をあげた児童の皆さん全員に受検してもらいたいと考えています。
Q1-6. 一般選抜でも2段階選抜はありますか?
ありません。出願した方全員に受検していただきます。ただし、感染症の状況によって変更する可能性もあります。
Q2-1. 東京大学へ優先的に入学することはできますか?
できません。東京大学への優先入学制度はありません。 東京大学へ入学するためには、他の高等学校の生徒と同じように入学試験を受けなければなりません。
Q2-2. 卒業生はどのような進路に進みますか?
ほとんどの生徒が大学に進学します。進学実績については学校案内パンフレットや学校ウェブサイトを参照してください。
Q3-1. 双生児の生徒はどのぐらいいますか?
双生児の生徒は各学年に10組程度います。したがって、各クラス(40人定員)のうち7人前後が双生児の生徒になります。しかし、双生児の兄弟姉妹が同じクラスになることはありません。(ただし、後期課程での選択授業などでは同じ講座で学習することもあります。)

双生児の生徒たちは「東大附属ではふたごが多いので、特別にふたごであることを意識させられることはなく、とても居心地がよい」と話しています。
Q3-2. 学校の雰囲気を教えて下さい。
上級生が下級生の面倒をよく見る、 男女の仲が良いことなどは大きな特徴だと思います。学年・男女の壁を越えて力を合わせて行事や部活を運営し授業を深めていく様子は、あるべき社会の姿を実現しているようで実に清々しいものがあります。

また、生徒の自治活動も盛んです。例えば、 体育祭や文化祭は生徒会の実行委員が企画・運営し、教員はそのサポートをするという体制をとります。生徒・保護者・教職員からなる「三者協議会」など民主的に学校づくりをすすめていく仕組みも発足して約20年となります。
Q3-3. どんな授業がありますか?
教科の授業は「生徒同士の学びあい」を中心に位置づけた協働学習を積極的に取り入れています。コの字型の机の配置や小グループでの活動や討論など、学年の進行に合わせたさまざまな工夫を取り入れています。文部科学省が今後の学習のあり方として提起した「アクティブラーニング」の先鞭として大いに注目されています。

また、総合的な学習と教科の学習とを密接に関連させた教育内容を工夫しています。その二本柱で5つの力(「ことばの力」「論理の力」「身体・表現の力」「情報の力」「関係の力」) の育成をめざした学習活動を行っています。50年以上の歴史を持つ、総合学習と卒業研究はこれまでも多くの学校の手本になってきました。

  1・2年生:基礎期 (中学1・2年生に相当) 「総合学習入門」として、多彩なフィールドワークをもとに紙媒体・電子媒体でのレポート、大勢を前にしたプレゼンテーションなど、基礎的な力を身につけます。また、演劇などの身体表現にも取り組んでいます。
  3・4年生:充実期 (中学3年生・高校1年生に相当) 基礎的な力をさらに発展させ、教員が設定した「教科の枠に収まらない学び:課題別学習」の十数講座からひとつを選択して、異学年交流の中で取り組みます。
  5・6年生:発展期 (高校2・3年生に相当) 4年生の冬に各自がテーマを決め、6年生の夏までかけて「卒業研究」を行います。月一回のゼミで教員の助言や仲間からの励ましを受けながら、独自の論文や作品を完成させます。
Q3-4. 総合学習入門ではどんなことをやりますか?
1年生では、週2時間あります。  「国際理解」や「情報とメディア」などのプログラムに取り組みます。1年生の行事である「中山道ウォーク」と関わらせて銀杏祭で発表を行ったり、「東京大学キャンパス研究(東大探検)」として本郷を中心にグループごとにテーマを決めて調査・発表をしたりします。

2年生では、半年ずつ「半径2km研究」と「身体表現」に取り組んでいます。
「半径2km研究」では、 学校を中心とした半径2kmの地域について、 個人の研究テーマにそって調査活動を行います。中野区・渋谷区・杉並区・新宿区にまたがるエリアでどのようなテーマを見つけるか、まずそこが問われます。1年生のグループ研究とは違い、何ごとも一人で決めて責任を持って行動していかなければなりません。

「身体表現」では、人間同士のコミュニケーションの基礎となる「こえ」「ことば」「からだ」を耕していくことを目指しています。これまで、和太鼓・ダンス・新体操・演劇・ミュージカルなどに取り組んできました。最終的には「大勢の人の視線にさらされ、からだひとつで発表の舞台に立つ」経験でしめくくります。
Q3-5. 課題別学習とは何ですか?
この学習のテーマは担当する先生が、それぞれの得意とする分野を取り上げたもので、 「自然・環境」「人間・社会」「科学・産業」「創作・表現」 の4つの領域があります。1年間で1つの講座を選んで、 3・4年生の生徒が一緒に学習します。

生徒は必要な研究方法や調査方法を具体的に学ぶことができ、 先生は普段の教科学習では扱えないようなテーマも取り上げることができるという利点があります。
Q3-6. 卒業研究とは何ですか?
5年生の4月から約1年半かけて、生徒が自分でテーマを選んで、 自主的に進める研究です。 これを東大附属での学習活動の総仕上げといってもよいほど重要視しています。 生徒も将来の進路選択やより高度な学習に対する手がかりを得ることなどができます。

さらに、調査、研究、考察といった一連の研究活動を通して、 自分の考えを文章にまとめる力や発表する力が身につくので、 大学のゼミでの発表や企業での企画書や報告書作りにも大きく役立つと話す卒業生が多くいます。

この卒業研究は外部の評価も高く、 様々なコンクールで入賞しています。例えば、全国学芸サイエンスコンクール(旺文社主催)では、応募し始めた1999年以降は毎年入選を果たしています。 第47回(2003年度)で内閣総理大臣賞、第52回(2008年度)、第54回(2010年度)、第61回(2017年度)、第62回(2018年度)、第63回(2019年度)で文部科学大臣賞受賞したのをはじめ金賞を8回、 銀賞7回、銅賞4回などで合計58名の入選者が出ています。 卒業研究の詳しい内容は『生徒が変わる卒業研究』(東京書籍)に載っていますので、興味のある方はご覧下さい。
Q3-7. 制服はありますか?
ありません。服装は、各自の良識の範囲で自由に選択できます。ただし、式典時のドレスコードは生徒会で話し合って決めています。
Q3-8. 後期課程から入学することはできますか?
中学3年生を対象に例年1月初旬に編入学試験を実施しています。詳しくは、編入学試験対象者向けの説明会にお越しください。
Q3-9. 給食はありますか?
ありません。成長期の栄養バランスの観点からできるだけお弁当を持たせてください。ただし、お弁当を用意できなかったときのために、パンやおにぎりなどを東大生協購買部で購入することができます。

また、2020年度より中・高生向けに栄養バランスを工夫し、無添加調味料とオーガニック食材を使った温かいお弁当をweb注文するシステムを導入しました。オーガニック弁当は一食690円です。食材・調味料ともに安心安全を最優先してセレクトしていますので、価格設定は高めとなっております。原則的に定期考査などを除く通常の平日には、毎日申し込むことが可能です。また申し込みを忘れても数食は現金販売があります。
Q4-1. 東大附属にはどんな施設がありますか?
学校は中野区にあります。校舎から東の方を見ると、 新宿の高層ビル群がよく見えます。都庁からちょうど2kmの位置にあり、都庁の展望室から学校の様子を見ることができます。

2013年より敷地の形態が変更になり、体育館グラウンドが新築されました。ここでは体育の授業はもちろんのこと、 放課後には部活動がさかんに行われています。 校舎には普通教室の他に、特別教室や大教室、 生徒ラウンジなどがあります。 詳しくはこちら
Q4-2. 「中等教育学校」とは、何ですか?
学校教育法の改正により、 6年一貫教育の教育課程をもつ中等教育学校を設置できるようになりました。中学→高校で定員増などがなく、原則的に中学1年で入学した新入生(本校の場合は120名)がそのまま高校3年生として卒業していく学校です。3年生(中学3年相当)から4年生(高校1年相当)にかけてクラス替えがない本校の2-2-2制などは中等教育学校ならではの仕組みと言えます。中等教育学校を卒業すると、高等学校卒業と同等の資格が得られます。
Q4-3. ふたごしか入れませんか?
70年にわたってふたごの研究をしているので、 双生児の募集枠があることが大きな特徴です。 もちろん、ふたご以外の生徒の募集枠もあります。実際には例年、定員の1~2割の入学生がふたごおよび三つ子です。
Q4-4. 入学金や授業料はどのくらいかかりますか?
前期課程(中学生相当)については入学金や授業料はありません。しかし、 学年費(行事費・教材費などを含む)は毎年徴収され、公立中学に比べると納入金は多いです。 たとえば1年生ではそろえる教材も多いので現在約28万円かかっています。 (2年生以上は行事の有無によって費用が変わってきますが、 1年生の時ほどはかかりません。)

また後期課程への入学金は必要ありませんが、 授業料(年間11万8千8百円)、教科書代、学年費は必要です(収入条件により、国からの「高等学校就学支援金」の給付を受け、授業料の支払いに充てることができます。)
Q4-5. 東京大学とはどんな関わりがありますか?
入学してすぐに実感できることは、入学式での東京大学教育学部長・教育学研究科長の祝辞です。また卒業するときには卒業式での東京大学の総長の祝辞です。他にも総長や東大の先生方が本校で授業を行ったり、卒業式へ列席されたりしています。

また、東京大学の施設を利用した合宿(検見川総合グラウンド・乗鞍高原セミナーハウス)や行事(本郷キャンパスでの1年のフィールドワークや安田講堂での音楽祭など)を行ってきました。

年間数回の授業検討会や2月の公開研究会には、教育学部の先生方の全面的な協力で、よりよい授業つくりのための研究が行われています。
さらに、東京大学総合図書館や史料編纂所をはじめとした25ヶ所の図書館での閲覧や貸し出しなどもできるようになっています。 今後も大学附属の学校であることを生かし、東京大学全学と連携を取りながらその豊富な知的資源を活用した授業を行っていきます。
Q4-6. 卒業したとき、どんな自分になっていますか?
「未来にひらく自己の確立」を教育目標に掲げる本校では、なによりも時代の流れに左右されない基礎的な学力を身につけ、 どんな変化にもしなやかに対応できる生きる力を育むことをめざしています。途中に受験をはさむことのない6年間で、他者と深くかかわり合いながらじっくり自分を見つめていくことができるので、「自分らしさとは何か」「自分のしたいことは何か」がはっきりしてくる生徒が多いようです。

そのため、進学した先や社会に出てからとても積極的に学び、仕事にチャレンジしています。協働の学びのスタイルや、6年にわたる質の高い「総合的な学習」も相まって、大学のゼミなどでの即戦力として評価されているばかりでなく、多様な他者と折り合いをつけ力を合わせて物事を成し遂げていく力が、人類史的な課題を抱える21世紀の社会を豊かに切り拓いていってくれると信じています。