沿革

1948年度 旧制東京高等学校尋常科1・2年生を募集し、在校する3年生と合わせて新制中学校とし、5/30の入学式をもって、東京大学附属中学校として発足。
1949年度 中学校1年男子80名、女子40名の男女共学が始まる。入学者は公開抽選により行う。
学年進行により、新制高等学校が、中高一貫の形態で始まる。
1950年度 東京大学教育学部 発足。
1951年度 教育学部に移管され、「東京大学教育学部附属中学校・高等学校」となる。
1952年度 中学1年男子60名、女子60名の3学級編成となる。
1953年度 双生児募集枠を設けることとし、双生児男子10組、女子10組の募集が始まる
1955年度 高校への自動的進級の改定を行い、学年の10%以内を進学不許可とし、補欠募集を行う。一般児の募集区域が中野、渋谷、杉並、新宿区と世田谷区の一部となる。
1960年度 英語科が語学教育研究所よりパーマー賞を授与される。
1966年度 高等学校の補欠募集をやめ、2-2-2制を採用した、完全中高一貫教育体制とする。「特別学習」を始める。
1971年度 生徒募集区域を通学1時間以内とする。
1978年度 創立30周年記念式典を挙行。記念出版『双生児―500組の成長記録から』(日本放送出版協会)刊行。
1980年度 入学者選抜方法を、抽選後に学力検査の実施と改訂。
1982年度 文部省より「中学校および高等学校における教育の連携を深める教育課程」の研究開発学校の委嘱をうける(~84年度)。
1993年度 『教育のある風景』(東京書籍)刊行。
1995年度 『ビバ!ツインズ―ふたごの親へのメッセージ』(東京書籍)刊行。
1998年度 創立50周年記念式典を挙行。記念出版「中高一貫教育1/2世紀―学校の可能性への挑戦」(東京書籍)刊行。
2000年度 中等教育学校に移行し、「東京大学教育学部附属中等教育学校」となる。
文部省より「中等教育学校において、多様な生徒の実態に対応しながら、その教育内容の一貫性、継続性を深め、前期課程と後期課程との教育の連携を図る教育課程の柔軟な研究開発を行う」の研究開発学校の委嘱をうける(~02年度)。
2001年度 総合教育棟 落成。
2003年度 文部科学省より研究開発学校(継続)の委嘱をうける(~05年度)。
2004年度 国立大学法人化にともない、「国立大学法人東京大学教育学部附属中等教育学校」となる。
『生徒が変わる卒業研究―総合学習で育む個々の能力』(東京書籍)刊行。
2005年度 「学びの共同体」の教育実践の取り組みを始める。
2006年度 生徒募集の通学区域を「90分以内に通学可能な地域」と改める。
全国中高一貫教育研究大会の会場校となる。
2007年度 「ぎんなん基金」を創設する。
2008年度 創立60周年記念式典を挙行(安田講堂)。記念出版『学び合いで育つ未来への学力―中高一貫教育の新しいデザイン』(明石書店)刊行。
記念歌「われらは未来への架け橋」ができる。
2009年度 教育学部創立60周年記念式典を挙行。
「教えて考えさせる授業」の教育実践の取り組みを始める。
CALL教室が完成する。
2010年度 「学び合いで育つ未来への学力―中高一貫教育の新しいデザイン」改訂版(明石書店)刊行。
2011年度 「社会に生きる学力形成をめざしたカリキュラム・イノベーションの理論的・実践的研究」(科学研究費補助金 基盤研究A 教育学部)において本校を研究フィールドとした各研究プロジェクトを開始する。(~13年度)
第26回日本双生児研究学会が行われる。
2013年度 新体育館・グラウンド竣工。
『ふたごと教育 双生児から見る個性』(東京大学出版会)刊行。