Secondary School attached to the Faculty of Education, the University of Tokyo
東京大学教育学部附属中等教育学校

三者協議会

三者協議会とは、2000年度の研究開発に伴う「開かれた学校」ワーキンググループから発足した協議会で、生徒・保護者・教員がその時々のテーマについて話し合う「場」です。 何かを決める決定機関ではなく、現在の問題点をそれぞれの立場で意見を言い合う開かれた場といえます。1年生から6年生まで、様々な意見を持ち寄って学校や自分たちの生活を豊かでより良いものにしようとしています。その中から生まれたルールや活動も多く、自分たちが作り上げるか学校という意識も生まれています。 毎年2~3回の定例会が開かれています。10年以上続き、多くの教育研究者や他の高校からの見学者が訪れています。 2009年度までは教員が司会進行をしていましたが、2010年度より生徒(総務委員会議長団)がおこなうようになり、生徒は毎回円滑な進行ができるように工夫を凝らしています。

三者協議会テーマ一覧(2000~2014年度)

テーマ一覧