学習活動

本校では、特色ある学習活動として、「教科学習」「総合学習」を二本の柱としたカリキュラムを実施しています。

教科学習

1・2年では、基礎期として、学習の基礎基本の定着を行っています。

3・4年では、充実期として、各教科での補習授業、少人数制、後期課程の先取り学習などを行っています。

5・6年では、発展期として、個人の進路に応じた多様な選択性、学校設定科目の充実など、卒業時の進路に向けた学習環境を整えています。

総合学習

1・2年では、総合学習の入門として、フィールドワークなどを通して協働で学習や研究の仕方を学びます。

3・4年では、課題別学習として、学年の垣根を越えた講座コースの設定と、興味関心に基づく選択コースの設定をして、より深い研究へと入っていきます。

5・6年では、卒業研究として、個人で課題を設定し、それについて今まで培ってきた手法を用いて個人で研究を進め、まとめ上げます。