【70周年】記念式典を挙行

6月1日(金)、東京大学本郷キャンパスの安田講堂において、本校の70周年記念式典を挙行しました。
式典は二部で構成し、来賓の皆様、本校教職員と全生徒、及び参加申し込みをしていただいた保護者の方々が参加しました。第一部(14:00~14:40)では、まず勝野正章学校長(教育学研究科・教育学部教授)から挨拶として、「民主的で平和な社会を育成してほしいこと」「生徒たちが主人公の式典であること」旨を述べました。次に、五神真総長から式辞として、「附属学校は、東京大学にとっても貴重な資源であること」「変化に出会ったときにチャンスであるとポジティブにとらえること」の言葉をいただきました。また、教育学研究科長・教育学部長である小玉重夫教授から、「附属学校の方が1948年創立と、教育学部より1年古い歴史をもつこと」「本校が教育学部をつくり育ててきたことは重要な意味をもっていること」を祝辞として述べました。最後に、本校生徒会長が、「歴代の先輩がたの知恵と努力で今があり、また、明日から日常が始まる」と延べ、次の10年間と80周年に向けた決意を新たにしました。
第二部(14:55~15:40)では、生徒会制作70周年記念映像「歩(あゆみ)」を上映・鑑賞しました。次に、卒業生2名(56回生と57回生)を含めた7名の演者により、能楽の儀礼曲「三番叟」が披露され、日本芸能の真髄を堪能するとともに70周年を祝いました。
本校はこれからも、教育学部及び東京大学と連携しつつ、日本の教育をリードできるような存在となるよう、励みます。

安田講堂

70周年記念式典会場の
安田講堂